TREND

国内外のヘルステックの最新トレンドを知るための情報をお届け

最大の課題は「人びとの理解」。“ブロックチェーン×ヘルスケア”の社会実装に取り組むトップランナー5名が語る今

2018年12月4日から5日にかけてメドピア株式会社主催で開催された、世界最大規模かつ最もアクティブなグローバル・カンファレンス「Health 2.0 Asia - Japan 2018」。産学官からヘルスケア業界をリードするトップランナーたちが集い、数十にも及ぶセッションが繰り広げられました。

本記事では、ブロックチェーン技術を用いた最新ソリューションを紹介するセッション「Blockchain Showcase」の様子をダイジェストでお届けします。

「存在すらほとんど知られていなかった」2年前と比べると、ヘルスケア業界でも普及が進みつつあるブロックチェーン。しかし実際に社会実装の担い手として最前線で挑戦するコ氏、李氏、Dennis氏の3名は、「技術面では順調に進歩が見られるが、現場の医療従事者の理解不足が、推進の障壁となっている」と口を揃えました。ヘルスケア業界におけるブロックチェーン活用の現状と課題を、トップランナーが議論します。

※セッション登壇者
・John Bass(Founder & CEO, Hashed Health)パネリスト
・水島 洋(国立保健医療科学院 研究情報支援研究センター長)パネリスト
・コ ウギュン(メディブロック 共同創業者)デモ
・李 東瀛(Arteryex株式会社 代表取締役)デモ
・Dennis Grishin(Co-Founder, Chief Scientific Officer, Nebula genomics)デモ
 ■目次


医療情報の共有から、薬剤の安全性チェックまで。信頼性と透明性の担保に、ブロックチェーンが役立つ

John Bass氏(以下、John):ブロックチェーンを活用したヘルスケアソリューションを提供するイノベーションファーム「Hashed Health」を創業し、CEOを務めているJohn Bassです。本セッションのパネリストを担当します。 医療におけるブロックチェーン活用の展望をお話させていただいたKeynote「ブロックチェーンがもたらすEHR/PHR革命」に続き、実際に社会実装に取り組んでいるプレイヤーの方々をお招きし、ディスカッションしていきます。

John Bass氏、水島洋氏
(左より)John Bass氏(Founder & CEO, Hashed Health)、水島洋氏(国立保健医療科学院 研究情報支援研究センター長)

水島洋(以下、水島):同じくパネリストを担当させていただく、水島と申します。国立保健医療科学院で研究情報支援研究センター長を務めています。本日はよろしくお願いします。

John:日本でヘルスケア領域におけるブロックチェーン活用の推進をリードされている水島先生の目には、現在の状況はどう映っていますか?

水島:2年ほど前、医療業界でブロックチェーンは、その存在すらほとんど知られていない状況でした。アメリカのカンファレンスに参加した際に、アメリカでは医療にブロックチェーンが活用されているのを知って驚き、日本でも訴求していこうと2016年にブロックチェーン協会を立ち上げました。

アメリカでは既に応用事例が多く出てきていますが、日本でも、糖尿病のデータベースプロジェクトにブロックチェーン技術を採り入れた日本医師会をはじめ、実装事例が現れはじめています。

John:ブロックチェーンはヘルスケア領域にどういったメリットをもたらすのでしょう?

水島:情報の信頼性や透明性を担保することができます。中央集権的な管理方法に比べて、ブロックチェーンの分散型管理によって、効率的・効果的に情報を管理できるようになります。

John:水島先生は、特にどの領域におけるブロックチェーン活用に注目していますか?

水島:私は希少疾患の研究を行なっている立場でもあるので、患者さんの医療情報共有における活用シーンを重視しています。医療情報は、プライバシーや個人情報保護法の観点から共有が難しい面があります。しかしブロックチェーン技術を使えば、患者さん自身が情報をコントロールする形で共有できるようになるからです。

また、医薬品の安全性チェックでの活用事例にも注目しています。日本ではあまり偽造医薬品が問題になることはありませんが、海外からの輸入時に安全性に欠けるものが混じってしまう可能性はあります。いかにして薬剤のトラッキングにブロックチェーンが活用されていくのか、最適なビジネスモデルの模索も含め、今後も注視していきたいと思っています。

ブロックチェーンの社会実装に取り組む、3人のプレイヤー

John:ここからはブロックチェーンの社会実装に取り組んでいる3名のプレイヤーに、それぞれデモ講演を行なっていただいたのち、ディスカッションを進めていきます。まずはデモ講演をお願いします。

Dennis Grishin氏
Dennis Grishin氏(Co-Founder, Chief Scientific Officer, Nebula genomics)

Dennis Grishin(以下、Dennis):こんにちは、アメリカから来ました、Nebula genomicsのDennis Grishinです。私たちのミッションは、「ジェノミクス時代の実現」。多くの方々に自身のDNAの配列を知ってもらい、自身の健康改善への活用はもちろん、研究者にゲノムデータを共有することで、医療の発展が後押しされる世界をつくりたいと考えています。

ミッション達成の障壁になる点は、2つです。1つ目は、コスト。DNA配列の解読は多大なコストがかかりますが、情報提供の見返りに研究者サイドがコストを肩代わりし、ユーザーは無料で利用できるシステムが理想です。

そして2つ目は透明性。どの研究者がどういった目的でDNA情報を利用するのかまで含め、人びとが自分のデータを完全にコントロールできる状態を創り上げる必要があります。

李東瀛氏
李東瀛氏(Arteryex株式会社 代表取締役)

李東瀛(以下、李): はじめまして、Arteryex株式会社の李です。患者さんの基本情報やライフログ、疾患履歴や薬の情報といったEHR(Electronic Health Record、電子健康記録)をローデータのまま吐き出し、患者さんの意志に応じて、データを使う側の製薬会社さんや保険会社さんなどに提供できるサービスを開発しています。弊社では既にPOC版をリリースしているので、「健康銀行」でGoogle検索いただくと出てくると思います。

患者さんは、データを提供したくない先には連携をオフにすることができる一方、データを提供してくれた場合は、トークンが付与される仕組みになっています。データを使ったら使った分だけ、患者さんに対して価値を還元するという世界を実現したいと思っています。

なぜ僕らがブロックチェーンに拘っているかというと、システム自体は既存のRDBでも作ることができるのですが、それだと僕らが患者さんのデータを見て触ることができてしまうんです。ブロックチェーンを構築することによってデータは従来通り電子カルテの中に入ったままなので、データの不正利用はもちろん、データに対するオプトインも患者さんしか改変できないようになっています。

コ・ウギュン氏
コ・ウギュン氏(メディブロック 共同創業者)

コ・ウギュン(以下、コ):韓国から来たメディブロックのコ・ウギュンです。ここでは一人の仮想的な患者さんを想定しながらご説明します。「過去の自身の医療履歴を大学病院から獲得し、他の病院に移したい」ケースをイメージしてください。

まずは大学病院のデータベースに、データを検索するためにアクセスします。QRコードをスキャンし、病院が登録情報を確認すると、通知が送られ接続が完了。その後データをリクエストして数秒待つと、記録や画像が自身のスマホにダウンロードできます。暗号化されたデータのハッシュ値はブロックチェーンに保存され、仮に改ざんされたデータを他の病院に送っても、ハッシュ値が合わないため、赤い警告が表示されます。

このようにブロックチェーン上で迅速かつスムーズに情報を記録し、個々人が自由にそれを保有しやりとりできるようにするためのシステムを、我々は開発しています。これらは、現在の個別化医療の流れにも不可欠な要素だと思っています。

技術面に問題はない。ブロックチェーン活用の最大の障壁は、「人びとの理解不足」

John:デモ講演、ありがとうございました。それではディスカッションをはじめましょう。まず3人とも患者さんの情報を扱っているわけですが、プライバシーセキュリティを守るための仕組みはどのように構築していますか?

Dennis:私たちは、ブロックチェーン以外にも、暗号化など複数の技術を活用し、セキュリティを高めています。またデータを使用する際も、基本的にはデータへのアクセス権を付与するだけで、データ自体は動かさないので、安全性は高いです。

:私たちもDennisと同様です。ブロックチェーンに格納しているのは、あくまでも暗号化されたデータのハッシュ値に過ぎず、実際のデータは個々の患者さんに帰属させています。

:僕たちの技術はデータは病院に置いたまま、そのインデックスだけを共有しています。データを活用したい人が、欲しいときに欲しい分だけ、コンソーシアム型のプライベートネットワークを通して取ってくる仕組みになっているので、個人データが引き渡されることはないんです。患者が自分のデータを見るときはネットワークを介して見ることができます。

John:システムを開発し、社会実装していく上で、どのような点が障壁となっていますか?

Dennis:技術的な面よりも、医療従事者への理解促進が不足している点に課題を感じています。どんなに良いソリューションがあっても、現場のプレイヤーがその意義を理解し、使ってくれないことには意味がない。

:同感です。人びとがデータを共有したくなるインセンティブをいかにして作るか、その点が最も大きなチャレンジとなるでしょう。

技術面に関しては大きな問題は感じていませんが、ブロックチェーンやその他の個人情報保護テクノロジーを、いかにして統合し、プラットフォーム上で実装できるかはカギとなると思います。

:私も技術面では大きな問題は感じていません。新しい技術に対する受け入れスピードの遅さが、1番の課題だと思います。

水島:ありがとうございました。これからもみなさんが医療におけるブロックチェーン活用を進めてくださることを、楽しみにしています。